PINE's page

アクセスカウンタ

zoom RSS もともと無理があったということ。

<<   作成日時 : 2014/03/29 09:36   >>

トラックバック 0 / コメント 0

龍谷大学法科大学院も学生の募集を停止し、その後、廃止することになったとのこと。
「定評のある法科大学院」関係者にしてみれば、思い通りの流れかな。

『龍谷大学法科大学院の募集停止および廃止に寄せて』
 「国民のための司法」を実現するための柱のひとつであった法科大学院制度は、危機的状況にあります。それは、なによりも、法曹を志望する人たちの激減というかたちで現れています。
 「市民のために働く法律家」の養成を目標に発足したわたしたちの法科大学院も例外ではなく、志願者と入学者の減少にその屋台骨を揺さぶられています。わたしたちは、座してこの事態を傍観していたわけではありません。窮状を打開するために、さまざまな施策を講じてきましたが、いまや万策尽きた感があります。
『万策尽きた』との表現には、好感が持てますね。
人間くささが感じられて、きっと、良い大学なんでしょう(皮肉ではありません。)。

弁護士がたりないから、増やそう。
弁護士が増えれば、自由競争なんかも起きて、弁護士に支払う報酬なども安くなるかもしれない。
弁護士を増やすには、司法研修所の収容能力も限界があるし、法科大学院を作ろう。
弁護士を増やすためのコストは、国も法科大学院への補助金という形で負担するが、弁護士になりたい者にも学費という形で負担してもらおう。
ということを、補助金と学費をもらうことになる人たちが中心になって、決めた。

弁護士が増れば、弁護士業界全体のお金になる仕事が増えない限り、個々の弁護士の収入は減る。
だけど、法科大学院のおかげで、弁護士になるためのコストは、物凄く増えた。
これで、法科大学院に進学する人たちが増える方が、おかしい。

国から補助金をもらう法科大学院の偉い先生方は、弁護士業界には潜在的需要があるとのたまった。
10年くらい前からのたまっているが、いまだに需要が顕在化したという話は聞かない。
需要があると言われる分野も、よくよく見れば、弁護士の収益に結びつきにくく、本来は福祉(行政)の仕事だと思われ、「本当はみんなで税金で費用を負担しあってやるべき仕事だが、オマエは弁護士なんだからオマエの負担でやってやれ。」と言われても、「ハイ!ワカリマシタ!」と言って引き受ける弁護士は、増えない。

仕事として弁護士を選ぶ以上は、生活ができないと困るし、法科大学院の学費などで借入金がある場合は、それを返済していけるだけの収入が必要となる。

現在の状況は、当然のことである。
安念潤司教授が指摘していたとおりである。
『しっかりとした現状認識をしている大学教授もいた。』

こうした司法改革の結果、たくさんの弁護士が生まれたが、最近の若手弁護士の一部に、気になることがある。
弁護士の看板を掲げた以上は、ベテランも新人もプロである。
プロであるにもかかわらず、ちょっと調べたり考えたりすればいいことでも、「どうしたらいいでしょうか?」と質問してくる若手がいる。
もちろん、数は少ないがね。
「自分はこういうふうに考えたんですが、どうでしょうか。」と質問してくれば、こちらも勉強になるが、「どうしたらいいでしょうか?」じゃぁねぇぇ。
俺もオマエも、それでお金を稼いでるんじゃないの?
ただ、まぁ、最近の流れを見ていると、弁護士会自身が、それまでの有料法律相談を無料に切り替えてたりしており、若手弁護士が先輩弁護士に何から何まで相談してもOKと思うことも、仕方ないのかな。






破綻する法科大学院と弁護士?弁護士観察日記〈PART2〉 (弁護士観察日記 PART 2)
共栄書房
河野 真樹

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 破綻する法科大学院と弁護士?弁護士観察日記〈PART2〉 (弁護士観察日記 PART 2) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

実践 ローヤリング=クリニック?臨床系教育への指針
法律文化社
田村 智幸

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 実践 ローヤリング=クリニック?臨床系教育への指針 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ビジネス弁護士ロースクール講義~法律が変わる、社会が変わる
日経BP社
久保利 英明

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ビジネス弁護士ロースクール講義~法律が変わる、社会が変わる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

もともと無理があったということ。 PINE's page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる