PINE's page

アクセスカウンタ

zoom RSS 神社だぞ。

<<   作成日時 : 2014/05/26 14:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日本の報道機関は、こういったことには、寛大だな。

J-CASTニュース『対馬の神社で奉納絵馬に韓国人が反日落書き 「地震起きて死ね」「対馬まで韓国領土」「慰安婦に謝罪せよ」』
ネットで写真付きで報告されているのは、例えば「大学に合格できますように」と願いが書かれたその上に、マジックペンなどで「地震起きて死ね」「竹島は韓国領 対馬まで韓国領土わかったか」「津波がまた来ますように」「慰安婦に謝罪と賠償を」「過去を反省しろ、中韓を見習え」「日本征伐」などと書かれている。
この報告を見たが、ハングルで書かれているので、私には何が書かれているのか分からない。
ただ、他人が奉納した絵馬に書き込むのは、いただけない。
対馬の和多都美神社(わたづみじんじゃ)といえば山幸彦・海幸彦神話で知られる彦火火出見尊と豊玉姫命を御祭神にする有名な古代神社だが、ここの絵馬には反日的な落書きがされている。神社に話を聞くと、こうした落書きが始まったのは十数年前から。近くにはハングル文字で、
「個人の願いが書いてある絵馬です。触ったり落書きをしたりしないでください」
と注意書きをしているのだが一向に減らない。監視をしてはいるが、いつの間にか書かれてしまうのだそうだ。なぜこんな落書きをするのか聞いてみたところ、
「韓国人だからだと思います」
ということだった。かなり酷い内容の落書きもあり、その部分を削る方法もあるが、絵馬ごと撤去するのは難しいという。
「もともとはみなさまがお金を出して買われて、祈願が叶うようにと奉納された絵馬ですので、それをどうにかするというのはなかなか…」
と困惑している。
「わたつみ」というのは、海の神様である。
日本には「人を呪わば穴二つ」という諺がある。
神社にくだらないことは、しないことだ。

神社にお参りをするということは、それだけ自然の恐ろしさを分かっていることなのかなと思う。
自然を侮ってはいけない、自然の前では謙虚に慎重に。
そういう気持ちを持てることが、例えば、海を相手に無茶をしないというような行動につながるのだと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

神社だぞ。 PINE's page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる