PINE's page

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界史。

<<   作成日時 : 2014/05/27 20:26   >>

トラックバック 0 / コメント 0

社会に出て結構な年月を重ねてきたのだが、年月を重ねれば重ねるほど、世界史について高校時代にもっと勉強しておけば良かったと思う。
世界史というのは、教養なのだ。

高校時代、世界史は履修した。
だが、もともと日本史が専門の教員が教えていたので、授業は最初から最後まで教員が座ったまま教科書を朗読するだけで、板書も一切なかった。
つまらないので、授業をよくサボった。

ただ、中間試験や期末試験のために勉強しても、頭には入ってこないというか、対応できなかった。
何が対応できないかというと、例えば、世界史の教科書は、ヨーロッパの歴史について書かれた部分があり、アジアの歴史について書かれた部分があり、といった具合に、地域ごとにまとめて書かれているので、ヨーロッパで○○が起きたころのアジアで何が起きていたかといったことが、理解できないのだ。
私の記憶では、だいたい世界中のことがまとめて書かれていたのは、四大文明のころまでだ。

西暦で区切って全世界で起きていることを覚えていけば良いのかもしれないが、自分にはそんな記憶力はないし、地域ごとの歴史の流れも分かりづらくなる。

結局、自分には、世界史を学ぶ脳が無かったんだな。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

世界史。 PINE's page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる