PINE's page

アクセスカウンタ

zoom RSS 日弁連の会長声明&意見書

<<   作成日時 : 2014/07/05 20:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

日弁連の会長声明&意見書が、相変わらず絶好調のようだね。

日弁連のウェブページを見ると、毎日のように、たくさんの会長声明や意見書が出されているようだが、ちょっと見ないと、某匿名掲示板の人気スレッドの書き込みのように、あっと言う間に、バックナンバーになってしまう。
兵庫県の某県議の日帰り出張みたいなもんだ。

さしずめ、会長声明&意見書のインフレーションだが、インフレーションというのは、そのものの持つ価値の希薄化や下落をもたらすものであり、毎日のように垂れ流される会長声明や意見書を見ていると(煩わしいので項目をざっと見るだけで内容は見ないが)、日弁連は、自らの価値をどんどん下げているのだなぁと感慨深く思う。

それでいいのだ、世間からは、変わった連中と思われればよいのだ。

私は、会長声明などは、ここぞという時にもったいぶって出すから重みがあるのだと思う。
内容についても、細かいことをグダグダ述べずに、本質的なところにズバッと切りこむところに価値があると思う。

私は、自主憲法早期制定、集団的自衛権容認賛成、原子力発電所早期再稼働という考えを持っており、日弁連が垂れ流す会長声明や意見書等により、精神的苦痛を被る。
と、以前は、確かにカリカリしていた面もあるが、最近は、日弁連の会長声明や意見書の社会への影響力がほぼ皆無ということもあり、それほど腹も立たなくなった。

私は、公務員だったことがあるが、その当時のことを思い出すと、役所に民間団体などから声明や意見書が送られてきた場合、担当部課の担当職員のところにとりあえず回され、担当職員が課長あたりまで供覧して、あとはファイルにしまわれる。
それでおしまいなので、行政に与える影響力は、無い。

改めて日弁連のウェブページを見ると、「重ねて」や「改めて」「求める」会長声明がところどころにある。
最初の会長声明が、相手に一顧だにされていないことが、見て取れる。
良いことだ。
日弁連なぞに影響されても困る。


日弁連会長選挙には行かなかった。
会長声明は、もういいよ。
こんな日弁連だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

日弁連の会長声明&意見書 PINE's page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる