PINE's page

アクセスカウンタ

zoom RSS カネのかかるパンフを作り続ける日弁連。

<<   作成日時 : 2014/08/05 20:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

夏だし、暑いし、のんびりしたいのだが、嵐のような毎日だ。

それは、それとして。

弁護士法人 向原・川上総合法律事務所/福岡の家電弁護士のブログ『法科大学院進学を考える皆さんへ の読み方』
日弁連が、こげなチラシをつくったとです。
この一文を読んで、不覚にもコーヒーを噴いた。
忙しすぎてアタマが回らない状態で、ツボにはまったのかな。

法科大学院への進学を考えている皆さんは、日弁連がわざわざこんなパンフレットを作っている意味や理由を考えてほしい。
燃えている火を消す必要があるのだ。

法科大学院進学を考える皆さんへ
経済的な理由で、法曹への道を諦めないでください。
それなら、おカネのかからない仕組みに変えるようにすべきだろう。
独立行政法人日本学生支援機構の奨学金の紹介から始まっているが、経済的な理由を抱えながら法科大学院への進学を考えている者であれば、日弁連に紹介されるまでもなく、当然に奨学金の利用を検討しているのではなかろうか。
パンフレットの最初では、やはり、予備試験ルートを推奨すべきであろう。

それにしても、日弁連は、こんなパンフレットを作るために、またまた我々の会費を使っているのか。
経済的理由を抱えながら法科大学院への進学を考えている皆さん、皆さんがもし弁護士になったら、奨学金の返済、司法修習資金の返済、高額な弁護士会費の支払い等々をしつつ、おまけに一生懸命働いて納めた高額の会費が日弁連の道楽に使われるという無力感も味わわなくてはならなくなるよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

カネのかかるパンフを作り続ける日弁連。 PINE's page/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる