会員のことは、お構いなし。

日本弁護士連合会会長声明『安全保障法制改定法案の採決に抗議する会長声明』 日弁連の会長声明は、なんだかんだで毎週のように出されており、インフレーションで価値はありませんし、社会に与える影響というものも皆無なので、どんな声明が出されても社会に与える実害はありません。 ただ、会員個々人の政治的信条に関わる問題については、やはり日弁連が強制加入団体である以上、一つの立場を主張するべきではな…

続きを読む

やっと静かになりそうです。

平成26年7月1日、安倍総理大臣は、記者会見し、集団的自衛権の行使を認めてこなかった従前の憲法解釈を変更し、行使を容認する閣議決定を行ったことを発表しました。 そのうえで、政府は、この閣議決定に基づき、必要な法案の整備を行う方針を明らかにしました。 その後、平成26年12月14日に行われた衆議院議員選挙で、私は、自分の考えを投票用紙に託しました。 ただ、公約というのは必ずしも守られない…

続きを読む

リーガル死語

中村真弁護士のブログ『リーガル死語』を見ました。 今の若い子は、「リンス」っていう言葉を、使わないのですね。 私は、リンスを使ったことがないのですが、知らない間に、言葉も消えてしまったわけですね。 「ちゃん・りん・しゃん」ってCMがありましたが、本当に過去の過去のものになってしまいました。 「口述プロパー」という言葉も死語になっているというのを見て、「あぁ、試験制度が変わったのだ…

続きを読む

日弁連 2015年度会務執行方針

日弁連 2015年度会務執行方針 今の会長は、村越さんっておっしゃるんですね。 日弁連のウェブページを見て、あぁそうなんだ、と思いました。 そういや、どっかで一回聞いたと思うのですが、どうでもいいことなんで、すぐ忘れちゃうんですよね。 「基本姿勢」のところに、次のような記載があります。 3 日弁連と弁護士会の結束を大切にする 日弁連内には、様々な問題について異なる意見が存在します…

続きを読む

安定。

早く予算審議を進めろよと思っていましたが。 民主の国対幹部「もうやめましょう」自民幹部に:読売新聞  「もうやめましょう」  自民党の佐藤勉国会対策委員長は3日朝、民主党の国対幹部から電話で、こう呼びかけられた。  民主党は、補助金を受けた団体や関連企業からの寄付金問題で西川公也・前農相を辞任に追い込んだのに続き、上川法相、望月環境相を追及してきた。だが、岡田代表にも同じような問題が…

続きを読む

無料で利用できるということ。

官公庁は、もっと慎重になってもらわないと、ダメですね。 ウチの業界もですけど。 翻訳サイトに入力した内容が流出 省庁、銀行のメールも - 47NEWS  インターネット上の一部の無料翻訳サイトに入力したとみられるメールの内容が、ネット上で誰でも見られる状態になっていることが20日までに、情報セキュリティー会社への取材で分かった。メールの内容から、中央省庁や銀行、メーカーなどのやりとりが…

続きを読む

保身でしょうかね。

(裁判所としては)重要でない部分で後々慰謝料とか請求されても困る、ということでしょうか。 女児虐待死懲役9年判決…傷の写真証拠採用せず - 毎日新聞  河村裁判長は公判前整理手続きで、女児の写真を不採用とした。裁判員の精神的負担を考慮したとみられる。一方、最大の争点は、量刑に反映される暴行の度合いだったため、検察側、弁護側は公判で証人尋問の際、女児の写真を裁判員に示すよう異議を申し立てた…

続きを読む

日弁連会員は何てまじめなんでしょう。

寒いですね。 皆さん、体調はいかがですか。 風邪などひいていませんか。 私は、風邪はよくひくのですが、生まれてこの方インフルエンザにかかったことがありません。 いつかかるのか、毎日ビクビクしています。 さて、国に設置されている法曹養成制度改革顧問会議の第14回(平成26年12月16日開催)のウェブページに、日弁連が平成26年の夏ころに行った弁護士実勢調査の結果が資料として掲載さ…

続きを読む

地方の法科大学院の存続を求める要望書

ちょっと前のことだが、うちの事務所にも、「地方の法科大学院の存続を求める要望書」と題する書面と、その賛同を呼びかけるFAXが来た。 Schulze BLOG 『地方の法科大学院の存続を求める要望書』 うちの事務所のA4コピー用紙2枚を無駄に使わせたことについて、呼びかけ人の良心は痛まないのだろうか。 おまけに、文字のポイントは小さく、行間も詰めてあるので、ぱっと見、グレーの紙にしか見え…

続きを読む

司法研修所の実務教育

弁護士HARRIERさんが、司法研修所での起案について触れている。 「最高の知見」の意味するところ|弁護士法人 向原・川上総合法律事務所/福岡の家電弁護士のブログ 私は、和光市の司法研修所で前後期の修習が行われていた頃の司法修習生だ。 前後期修習中は、司法研修所の敷地内にある「いずみ寮」で生活していた。 毎朝、朝食は、司法研修所内の食堂で食べていた。 私は早起きなので、食堂の開店と…

続きを読む

神社だぞ。

日本の報道機関は、こういったことには、寛大だな。 J-CASTニュース『対馬の神社で奉納絵馬に韓国人が反日落書き 「地震起きて死ね」「対馬まで韓国領土」「慰安婦に謝罪せよ」』 ネットで写真付きで報告されているのは、例えば「大学に合格できますように」と願いが書かれたその上に、マジックペンなどで「地震起きて死ね」「竹島は韓国領 対馬まで韓国領土わかったか」「津波がまた来ますように」「慰…

続きを読む

エリートと見るかどうかは、市場の評価。

時事ドットコム『「予備試験」人気が過熱=狭き門、エリート扱いも-法科大学院離れに拍車』 法科大学院側からは「当初の理念が軽視され、学生離れが進む」と危惧する声が上がっているなんですかね、これ。 法科大学院が開校してから何年もたっているのに、あなたがた法科大学院が、その「当初の理念」なるものを実現できないから、賢明な学生たちは、法科大学院から離れていくんじゃないでしょうか。 就職先を見つけら…

続きを読む

上告理由書(骨子)

なんだこれwwwww 送付書の上から半分くらいまでは、まぁ普通のお知らせ文書かなと思った。 だが、ゴシック体の「ガチガチ」という文字あたりから、おや?と思い、それに続く、【さじ加減の議論】だの【文理解釈の議論】だの【コペルニクス的転換】だのという言葉を見て、何のための通知なのか意味不明となった。 この送付書に、職印を打つ意味もわからない。 『上告理由書(骨子)』の表紙は、…

続きを読む

「弁護士に相談したから、間違いない。」

いつも楽しみに拝見させていただいているブログです。 アメリカ法曹事情『新人で社内弁護士?』 他の企業との交渉の際に社内弁護士を担当させた場合、経験はないのに下手に弁護士という肩書きがあるので、間違った方向に会社を導いてしまう虞はないのか。雇用した社内弁護士の性格というか人間性によっては、とても怖いと思う。 慎重で謙虚な社内弁護士ならいいけど、能力は伴わないが自信満々みたいな社内弁護士…

続きを読む

素晴らしきかな弁護士自治

イザ!『弁護士懲戒10年で倍増 マニュアル・研修拡大で不祥事対策』 新入会員と登録後5、10、20、30年の会員はゼミ形式とする一方、残る対象者には法科大学院教授らによる講義を受講させるようにした。研修対象者の拡大で、少人数制のゼミ形式だけでは研修が難しくなったためだ。法科大学院教授の講義なんか、受けたくねぇ。 だが、対象者の中には「腰が痛い」「誰がわしに講義するんや」と言って研修を欠席する…

続きを読む

なぜ後援を受けたがるのか。

後援と施設利用をゴチャ混ぜにして伝えるあたりが、NHKお得意の恣意的番組作りを反映している。 NHKニュース『“政治的中立への配慮”が相次ぐ』4月21日19時27分 なぜ、わざわざ、地方公共団体の後援を欲しがるのか。 言いたいこと、伝えたいこと、世にアピールしたいことがあれば、地方公共団体の後援など得ずに、好きにやればいい。 「地元地方公共団体も後援してますよ!」とチラシなど…

続きを読む

依頼者の承諾は得ているのだろうが。

依頼者とのやりとりが記事になる。 スポーツ報知『小保方氏「入院してもいいですか?」会見キャンセルも』2014年4月5日6時0分 STAP細胞の論文捏造(ねつぞう)疑惑に揺れる理化学研究所(理研)の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)の代理人は4日、小保方氏から「入院してもいいですか?」との内容のメールを受け取ったことを明かした。体調が悪くて入院が必要なら、入院すべきだろう。 いいも悪…

続きを読む

もともと無理があったということ。

龍谷大学法科大学院も学生の募集を停止し、その後、廃止することになったとのこと。 「定評のある法科大学院」関係者にしてみれば、思い通りの流れかな。 『龍谷大学法科大学院の募集停止および廃止に寄せて』  「国民のための司法」を実現するための柱のひとつであった法科大学院制度は、危機的状況にあります。それは、なによりも、法曹を志望する人たちの激減というかたちで現れています。  「市民のために…

続きを読む

距離を置く必要があるんだろうな。

司法修習生に不適切発言 東京地検、40代検事を戒告処分 - MSN産経ニュース  地検によると、検事は2月24日、修習生に将来の希望などを聞く個人面談中、特定の団体についての根拠のない発言をしたという。発言を不快に感じた修習生が、検事の上司に申告して発覚した。個人面談中というのも、良くなかったかもしれない。 記事の団体がどこの団体かは知らないが、自分が司法修習生だったころも、けっこう特定…

続きを読む

ある年のお盆休みのこと。

私がまだ弁護士登録をして間もないころ、事務所がお盆休みで閉まっていたときに、事務所に出てきて訴状の起案をしていたことがあった。 先輩弁護士が顧問契約を結んでいる金融機関が依頼者の事件で、先輩弁護士と共同で処理を進めていた。 お盆休みなので、来客もないし、電話も出なくていいので、仕事ははかどった。 その日、私の服装は、どうせ誰にも会わないし・・・と思って、アロハに短パンでサンダル履きだっ…

続きを読む

日弁連会長選挙には行かなかった。

ってか、弁護士登録以来、一度も日弁連会長選挙に投票したことがない。 今回の日弁連会長選挙には、いわゆる主流派から一人とほかにもう一人の合計二人が立候補していた。 立候補者二名からの選挙ハガキや日弁連の選挙公報も見たが、どちらにも票を入れたくないと思った。 わざわざ白票を入れるために、往復約1時間かけて、投票所まで行く意味がない。 まぁ、主流派の立候補者が当選することは、選挙前…

続きを読む

いい主張だ。

【関西の議論】依頼人を訴える弁護士…詐欺、横領、怠慢、弁護士モラルはなぜ落ちたのか(5-5ページ) - MSN産経  しかし、森際教授は「弁護士が従来型の訴訟を中心とした業務形態を続けるのであれば、供給過多といわれても仕方がない。大切なことは職域の拡大だ」と提言する。  法律相談や弁護士費用の支援などを展開する「法テラス」では、高齢化社会を見据え、司法と福祉現場の連携を模索し始めた。 …

続きを読む