新年おめでとうございます。

早いもので、もう1月3日になってしまいました。 元日は、例年どおり、近所の神社に初詣に出かけました。 おだやかな元日でした。 最近は、年賀状が、1月2日も3日にも、配達されるのですね。 今日は日曜日ですが、年賀状の配達がありました。 また、以前は、1月2日は、配達がお休みだったはずです。 年賀状の宛名の記載もパソコンソフトを利用しての印刷が増えてきたため、私の名前が、10枚に…

続きを読む

大晦日ですね。

今年も、ブログの更新は、あまりできませんでした。 本当に、仕事をしているか、ボーっとしているか、の1年でした。 テレビはほとんど見なくなりましたし、新聞もほとんど見なくなりました。 以前は、テレビや新聞を見て腹が立つ事柄もありましたが、最近は、そういったことが無くなりました。 そうすると、このブログで取り上げる事柄も、減ってきます。 そんな毎日ですが、先週は、広島まで、あるアー…

続きを読む

会員のことは、お構いなし。

日本弁護士連合会会長声明『安全保障法制改定法案の採決に抗議する会長声明』 日弁連の会長声明は、なんだかんだで毎週のように出されており、インフレーションで価値はありませんし、社会に与える影響というものも皆無なので、どんな声明が出されても社会に与える実害はありません。 ただ、会員個々人の政治的信条に関わる問題については、やはり日弁連が強制加入団体である以上、一つの立場を主張するべきではな…

続きを読む

リーガル死語

中村真弁護士のブログ『リーガル死語』を見ました。 今の若い子は、「リンス」っていう言葉を、使わないのですね。 私は、リンスを使ったことがないのですが、知らない間に、言葉も消えてしまったわけですね。 「ちゃん・りん・しゃん」ってCMがありましたが、本当に過去の過去のものになってしまいました。 「口述プロパー」という言葉も死語になっているというのを見て、「あぁ、試験制度が変わったのだ…

続きを読む

日弁連 2015年度会務執行方針

日弁連 2015年度会務執行方針 今の会長は、村越さんっておっしゃるんですね。 日弁連のウェブページを見て、あぁそうなんだ、と思いました。 そういや、どっかで一回聞いたと思うのですが、どうでもいいことなんで、すぐ忘れちゃうんですよね。 「基本姿勢」のところに、次のような記載があります。 3 日弁連と弁護士会の結束を大切にする 日弁連内には、様々な問題について異なる意見が存在します…

続きを読む

そういうもの。

職務経験等を問わなければ、弁護士を確保できると思います。 第18回法曹養成制度改革顧問会議(平成27年3月26日開催)議事録6ページ 有田知德顧問(弁護士・元福岡高等検察庁検事長)から経験談のご披露  もう1点は、これもまた数日前のことですけれども、ある一部上場の企業から、1週間に3日でいいですから、来てもらえる弁護士はいませんかという話がありまして、では、探してみましょうということで…

続きを読む

資金が豊かな単位会でなければ、できません。

さすが、ハッピーリタイヤの伝道師高中正彦日弁連副会長が所属する東京弁護士会ですね。 社会復帰支援の専門家に援助金を支給へ NHKニュース 万引きなどの犯罪を繰り返してしまう認知症の高齢者や知的障害者などの社会復帰を支援するため、東京弁護士会は、弁護士と連携して支援に取り組む社会福祉士などの専門家に、最大で10万円を援助金の形で支給する独自の制度を来月から始めることになりました。確かに、私…

続きを読む

ハッピーリタイアか・・・。

『ハッピーリタイア』の高中正彦日弁連副会長は、「法曹倫理」だの「弁護士法概説」だの「判例弁護過誤」だの、いろいろと本をお書きなんですね。 あぁ、「弁護士法概説」は、持ってます。 それは、それとして。 ハッピーリタイアって話ですけど、ふと自分の今後のことを思うと、「バ○なのでしょうか。」などと言ってられないですね。 自分が、あと何年、働くことができるのか。 これまでのように、…

続きを読む

不正撲滅の処方箋。

このブログを訪問してくれる皆さん、こんな副会長がいる業界団体のことを、どう思いますか? 【日本の議論】「交通事故減少」「若者貧乏化」が弁護士を干上がらせる? 弁護士懲戒「過去最悪」の背景 - 産経ニュース 不正に手を染めるほど苦境に陥る弁護士が増えた背景には、弁護士が増えたことによる競争激化や、仕事の減少といった複合的要因が潜んでいる。日弁連の高中正彦副会長(63)は「社会のせいにせず、…

続きを読む

弁護士実態調査はこのまま埋もれればいい。

『日弁連会員は何てまじめなんでしょう。 』というエントリで、日弁連が平成26年の夏ころに行った弁護士実勢調査などについて、とりあげました。 その後、法曹養成制度改革顧問会議の第14回の議事録と第15回の議事録が公開されていますが、日弁連が提出した資料は、特に利用もされなかったようで、まぁ良かったです。 日弁連に協力した会員の皆さん、悪用されなくて良かったですね。 それにしても、議事…

続きを読む

無料で利用できるということ。

官公庁は、もっと慎重になってもらわないと、ダメですね。 ウチの業界もですけど。 翻訳サイトに入力した内容が流出 省庁、銀行のメールも - 47NEWS  インターネット上の一部の無料翻訳サイトに入力したとみられるメールの内容が、ネット上で誰でも見られる状態になっていることが20日までに、情報セキュリティー会社への取材で分かった。メールの内容から、中央省庁や銀行、メーカーなどのやりとりが…

続きを読む

日弁連会員は何てまじめなんでしょう。

寒いですね。 皆さん、体調はいかがですか。 風邪などひいていませんか。 私は、風邪はよくひくのですが、生まれてこの方インフルエンザにかかったことがありません。 いつかかるのか、毎日ビクビクしています。 さて、国に設置されている法曹養成制度改革顧問会議の第14回(平成26年12月16日開催)のウェブページに、日弁連が平成26年の夏ころに行った弁護士実勢調査の結果が資料として掲載さ…

続きを読む

日弁連が奨学金を勧めるパンフを作ってもしょうがない。

お盆だなぁ。 お墓参りに行ったり、庭の草むしりをしたり。 公務員時代は、当然のことながらお盆休みなどなく、本庁にいた頃は、9月補正予算編成の真っ只中で、忙しかった。 5時に冷房が切れるので窓を開けるのだが、網戸が無いので、いろんな虫が飛んで入ってくる。 女性職員が帰った後は、ワイシャツを脱いで、下着姿で仕事をしていた。 そういや、一度、ノート型のワープロ(パソコンじゃないよ。)…

続きを読む

万能なNHKなら何とかできたかもしれないね。

やはり我々の受信料から高いお給料をもらっている人たちは、言うことがひとこと違う。 NHKニュース『事件前に気付く機会も対策取られず』 本当に痛ましい事件だけど、NHKで働いているような有能な人たちばかりじゃないと思うよ。 警察によりますと、ことし3月、当時中学3年生だった女子生徒は、深夜、寝ていた父親を金属バットで殴り大けがをさせたということです。 しかし関係者によると、父親は周囲の…

続きを読む

カネのかかるパンフを作り続ける日弁連。

夏だし、暑いし、のんびりしたいのだが、嵐のような毎日だ。 それは、それとして。 弁護士法人 向原・川上総合法律事務所/福岡の家電弁護士のブログ『法科大学院進学を考える皆さんへ の読み方』 日弁連が、こげなチラシをつくったとです。この一文を読んで、不覚にもコーヒーを噴いた。 忙しすぎてアタマが回らない状態で、ツボにはまったのかな。 法科大学院への進学を考えている皆さんは、日弁…

続きを読む

倫理研修の徹底ねぇ…

MSN産経ニュース『「クモの糸つかむ思い」仕事に困窮の弁護士』 日弁連の非弁提携問題の担当者は「競争激化で、仕事がない弁護士が提携に走る傾向がある。業界全体の問題として、倫理研修を徹底したい」と話している。生活に困窮しクモの糸をつかむ思いで非弁提携に走る弁護士に対して、弁護士会の倫理研修がどの程度の意味を持つのかね。 私も、義務なので倫理研修を受講したことがあるが、あの内容の倫理研修じゃぁね…

続きを読む

地方の法科大学院の存続を求める要望書

ちょっと前のことだが、うちの事務所にも、「地方の法科大学院の存続を求める要望書」と題する書面と、その賛同を呼びかけるFAXが来た。 Schulze BLOG 『地方の法科大学院の存続を求める要望書』 うちの事務所のA4コピー用紙2枚を無駄に使わせたことについて、呼びかけ人の良心は痛まないのだろうか。 おまけに、文字のポイントは小さく、行間も詰めてあるので、ぱっと見、グレーの紙にしか見え…

続きを読む

日弁連の会長声明&意見書

日弁連の会長声明&意見書が、相変わらず絶好調のようだね。 日弁連のウェブページを見ると、毎日のように、たくさんの会長声明や意見書が出されているようだが、ちょっと見ないと、某匿名掲示板の人気スレッドの書き込みのように、あっと言う間に、バックナンバーになってしまう。 兵庫県の某県議の日帰り出張みたいなもんだ。 さしずめ、会長声明&意見書のインフレーションだが、インフレーションというのは…

続きを読む

司法研修所の実務教育

弁護士HARRIERさんが、司法研修所での起案について触れている。 「最高の知見」の意味するところ|弁護士法人 向原・川上総合法律事務所/福岡の家電弁護士のブログ 私は、和光市の司法研修所で前後期の修習が行われていた頃の司法修習生だ。 前後期修習中は、司法研修所の敷地内にある「いずみ寮」で生活していた。 毎朝、朝食は、司法研修所内の食堂で食べていた。 私は早起きなので、食堂の開店と…

続きを読む

エリートと見るかどうかは、市場の評価。

時事ドットコム『「予備試験」人気が過熱=狭き門、エリート扱いも-法科大学院離れに拍車』 法科大学院側からは「当初の理念が軽視され、学生離れが進む」と危惧する声が上がっているなんですかね、これ。 法科大学院が開校してから何年もたっているのに、あなたがた法科大学院が、その「当初の理念」なるものを実現できないから、賢明な学生たちは、法科大学院から離れていくんじゃないでしょうか。 就職先を見つけら…

続きを読む

上告理由書(骨子)

なんだこれwwwww 送付書の上から半分くらいまでは、まぁ普通のお知らせ文書かなと思った。 だが、ゴシック体の「ガチガチ」という文字あたりから、おや?と思い、それに続く、【さじ加減の議論】だの【文理解釈の議論】だの【コペルニクス的転換】だのという言葉を見て、何のための通知なのか意味不明となった。 この送付書に、職印を打つ意味もわからない。 『上告理由書(骨子)』の表紙は、…

続きを読む

「弁護士に相談したから、間違いない。」

いつも楽しみに拝見させていただいているブログです。 アメリカ法曹事情『新人で社内弁護士?』 他の企業との交渉の際に社内弁護士を担当させた場合、経験はないのに下手に弁護士という肩書きがあるので、間違った方向に会社を導いてしまう虞はないのか。雇用した社内弁護士の性格というか人間性によっては、とても怖いと思う。 慎重で謙虚な社内弁護士ならいいけど、能力は伴わないが自信満々みたいな社内弁護士…

続きを読む

素晴らしきかな弁護士自治

イザ!『弁護士懲戒10年で倍増 マニュアル・研修拡大で不祥事対策』 新入会員と登録後5、10、20、30年の会員はゼミ形式とする一方、残る対象者には法科大学院教授らによる講義を受講させるようにした。研修対象者の拡大で、少人数制のゼミ形式だけでは研修が難しくなったためだ。法科大学院教授の講義なんか、受けたくねぇ。 だが、対象者の中には「腰が痛い」「誰がわしに講義するんや」と言って研修を欠席する…

続きを読む

新たな鉱脈か!?

これを一部の弁護士だけで独占させては、もったいない。 MSN産経ニュース『「天津でも同様の訴訟を準備」と反日団体 日本の一部弁護士も支援』  童氏は、尖閣諸島の中国領有権を主張する反日団体「中国民間保釣(尖閣防衛)連合会」の会長も兼務し、1990年代から反日世論を盛り上げてきた。中国共産党を支持する日本の一部弁護士が支援している。訴訟の素晴らしいところは、訴えられる側にも弁護士需要が発生…

続きを読む

依頼者の承諾は得ているのだろうが。

依頼者とのやりとりが記事になる。 スポーツ報知『小保方氏「入院してもいいですか?」会見キャンセルも』2014年4月5日6時0分 STAP細胞の論文捏造(ねつぞう)疑惑に揺れる理化学研究所(理研)の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)の代理人は4日、小保方氏から「入院してもいいですか?」との内容のメールを受け取ったことを明かした。体調が悪くて入院が必要なら、入院すべきだろう。 いいも悪…

続きを読む

もともと無理があったということ。

龍谷大学法科大学院も学生の募集を停止し、その後、廃止することになったとのこと。 「定評のある法科大学院」関係者にしてみれば、思い通りの流れかな。 『龍谷大学法科大学院の募集停止および廃止に寄せて』  「国民のための司法」を実現するための柱のひとつであった法科大学院制度は、危機的状況にあります。それは、なによりも、法曹を志望する人たちの激減というかたちで現れています。  「市民のために…

続きを読む

距離を置く必要があるんだろうな。

司法修習生に不適切発言 東京地検、40代検事を戒告処分 - MSN産経ニュース  地検によると、検事は2月24日、修習生に将来の希望などを聞く個人面談中、特定の団体についての根拠のない発言をしたという。発言を不快に感じた修習生が、検事の上司に申告して発覚した。個人面談中というのも、良くなかったかもしれない。 記事の団体がどこの団体かは知らないが、自分が司法修習生だったころも、けっこう特定…

続きを読む

ある年のお盆休みのこと。

私がまだ弁護士登録をして間もないころ、事務所がお盆休みで閉まっていたときに、事務所に出てきて訴状の起案をしていたことがあった。 先輩弁護士が顧問契約を結んでいる金融機関が依頼者の事件で、先輩弁護士と共同で処理を進めていた。 お盆休みなので、来客もないし、電話も出なくていいので、仕事ははかどった。 その日、私の服装は、どうせ誰にも会わないし・・・と思って、アロハに短パンでサンダル履きだっ…

続きを読む

日弁連会長選挙には行かなかった。

ってか、弁護士登録以来、一度も日弁連会長選挙に投票したことがない。 今回の日弁連会長選挙には、いわゆる主流派から一人とほかにもう一人の合計二人が立候補していた。 立候補者二名からの選挙ハガキや日弁連の選挙公報も見たが、どちらにも票を入れたくないと思った。 わざわざ白票を入れるために、往復約1時間かけて、投票所まで行く意味がない。 まぁ、主流派の立候補者が当選することは、選挙前…

続きを読む

いい主張だ。

【関西の議論】依頼人を訴える弁護士…詐欺、横領、怠慢、弁護士モラルはなぜ落ちたのか(5-5ページ) - MSN産経  しかし、森際教授は「弁護士が従来型の訴訟を中心とした業務形態を続けるのであれば、供給過多といわれても仕方がない。大切なことは職域の拡大だ」と提言する。  法律相談や弁護士費用の支援などを展開する「法テラス」では、高齢化社会を見据え、司法と福祉現場の連携を模索し始めた。 …

続きを読む